MENU
最適の適応症は「病名の付かない病気」

最適の適応症は「病名の付かない病気」
個人的な見解ですが
なんだか分からないけれど調子が悪い
とくかくだるくて仕方がない
ものすごく疲れやすい
病院で検査しても、これと言って悪いところがない
等と病名がつかないけれど調子が悪いとおっしゃる方には、非常に良く効くと思われます。

また効果の出やすい案件として
ぎっくり腰に代表される急性疾患
年齢的に若い
いつも運動している
これと言って悪いところがなかった
養生の注意事項を良く守る
等が挙げられると思います。

肉体的・精神的にも何らかのストレス

現代日本の社会生活において、特に仕事を持っている年代においては、必ず肉体的・精神的にも何らかのストレスを受けているものです。

病気(疾患)と言うものは、そのほとんどがストレスが原因で引き起こされるものです。
(万病・ストレスによって起こされると言っても過言ではないと思います)

鍼灸をすることによって、そのストレスを発散させていれば、健康な状態を持続させることが出来ます。
安全確実に未病を防ぐには、鍼灸はまさに最適なのです。
(病気でない状態の時は、特に効果が現れるものです)

日本の社会生活を営むには、週1回または最低月1回は鍼灸の治療を受けることをおすすめいたします。

効果が高いと考えられる疾患

坐骨神経痛腰痛
(ぎっくり腰を含む)
腰痛(ぎっくり腰を含む)頚肩腕痛
(寝違え・五十肩等を含む)
頭痛(急性・慢性)食欲不振じんましん
糖尿病・腎不全かんの虫
交通事故後遺症眼圧亢進(緑内障) 

その他効果のある疾患

不妊症助間神経痛鼻炎
咳喘息花粉症不眠
高血圧症胸痛眼瞼痙攣
むちうち便秘 片麻痺
 チック症歯肉炎脳出血後遺症 
 声帯麻痺 歯痛(虫歯除く)骨折後遺症
 腱鞘炎 歯痛(虫歯除く) 慢性的な発熱
更年期障害 変形性膝関節症  小児ぜんそく
 めまい 手のしびれ夜泣き 
 喘息眼精疲労  夜尿症
頻尿  アレルギー性皮膚炎 
©2015 快功堂鍼灸院 株式会社トレンドメイク